紅茶キノコってなに、成分は?

紅茶キノコってなに、成分は?

最近、アメリカなどで人気を集めて入りものに紅茶キノコがあります。日本においては1975年頃に大ブームとなった歴史があり、最近新たに注目を集めています。

 

紅茶キノコは、かつては自分で作るなどの現象もみられましたが、現在飲まれているのは商品化されたものであり、紅茶と砂糖、酢酸菌や酵母菌を加え、発酵させることで製造されています。
紅茶キノコってなに、成分は?

 

また、商品は液体状ではなくゲル状になっており、健康食品では、より飲みやすいものが販売されています。

 

紅茶キノコの成分には、紅茶、砂糖の他に、発酵することで作られる、アルコールや酢酸、乳酸、酵素、ビタミンB群、アミノ酸、菌類が含まれています。栄養素に関しては、添加する菌類によっても異なっており、消化吸収の促進や、デトックス、便秘、慢性疲労の改善、代謝機能の向上、アンチレイジング効果、がん予防など、多くの効果効能が謳われています。

 

ただし、科学的な根拠は乏しいともされており、飲用をする場合には、事前に商品の情報を入手し、内容を確認した上で行う必要があります。

 

安全性に関しては、現在指摘されているものとしては発酵によるアルコールがあり、弱い人の場合には注意が必要になります。

 

また、自宅で作る場合には微生物などが混入しやすく、アメリカでは健康被害も報告されていることから避ける必要があり、市販の商品を選ぶことが大切になります。

 

 

紅茶きのこでダイエットに成功しました