株から作る紅茶キノコの作り方

株から作る紅茶キノコの作り方

紅茶キノコは砂糖を入れた甘い紅茶に酢酸菌を入れ、発酵させた飲み物のことです。加える酢酸菌がゲル状の物体でキノコのように見えることからこう呼ばれるようになりました。1970年代に日本でブームになりましたが、その後アメリカでもブームになり、「コンブチャ」と呼ばれていますが、昆布とは一切関係がありません。

 

紅茶キノコには様々な酵素やビタミン、ポリフェノールが含まれており、代謝アップや便秘改善など健康・美容に効果が期待できます。最近は色々なフレーバーのものが通販で購入できるので試してみてはいかがでしょうか。

 

また、摂り続けたいのでいちいち通販で買うのはちょっと…という方は、自分で作ってみるのはどうでしょう。

 

紅茶キノコの作り方

紅茶キノコを作る際に用意するものは、紅茶キノコの株のもと、紅茶の茶葉またはティーバッグ、砂糖、ガラス瓶です。

作り方はまず、濃い紅茶を淹れ砂糖を加えます。株はタンニン、カフェイン、糖分をエサにして育つので、濃く甘い紅茶を淹れましょう。菌が死なないよう紅茶を冷まし、株のもとを入れたガラス瓶に注ぎます。株が育つ過程で酸が発生するのでプラスチックなど酸で溶ける素材の容器は使わないでください。

 

瓶に注いだら、密封はせずティッシュペーパーやペーパーナプキンで瓶の口を覆ってください。これは密封すると株が呼吸できなくなるからです。ここまでできたらあとは放置するだけです。少しずつ表面に膜が張ってきて、それが紅茶の成分によって成長します。

 

発酵の進み方は夏の方が早く1週間ほどですが、冬は2週間ほどかかることもあります。紅茶の味と甘みがなくなってくると代わりに酸味が感じられるようになります。また、シュワシュワと発泡してくるのでのどごしも爽やかで微炭酸のお酢ドリンクのような味わいです。

 

ここにさらに甘い紅茶を足すと発酵を続けさせることができます。株と原液さえあればいくらでも作り続けることが可能なのです。同じ瓶で紅茶キノコを引き続き育てる際には、ドリンク用は別の容器に移しておくのが良いでしょう。ドリンク用は密閉して冷蔵保存しておいてください。

 

発酵させすぎてしまうとかなり酸っぱくなりますが、お酢として酢の物やドレッシングに使うとおいしいですよ。

 

紅茶キノコを作る注意点は?

作る上での注意点は、雑菌を一緒に繁殖させないこと。雑菌が繁殖すると腐ってしまうこともあるので、必ず清潔な容器を使ってください。味見のスプーンも清潔なものを使用し、一度口に入れたものは使わないでください。
株から作る紅茶キノコの作り方
他の発酵食品のそばに置いておくと悪い影響があるので離して保管しましょう。最悪、どちらもだめになってしまいます。

 

紅茶キノコを育てる方法自体は簡単です。ですが生き物なので季節や環境によっては成長が止まったりダメになってしまうことがあるので、育つのに心地よい環境を作ってあげることが大切です。

 

気を配るときちんと応えてくれますし、そこを魅力に感じて作り続けている方も多いです。