株なしでの紅茶キノコの作り方について

株なしでの紅茶キノコの作り方について

現在、美容や健康、ダイエットに良いと高い注目を集めているのがコンブチャです。海外セレブが愛飲されていると報道された事により、日本でも一気に注目を集める事になりました。その為、新しい飲み物というイメージを持つ人もいますが、日本でも過去に紅茶キノコという名前で大ブームを起こしました。

 

その当時は、美容やダイエットに良い飲み物としてではなく、健康な生活をサポートしてくれる飲み物として人気になりました。キノコのような見た目の菌を甘い紅茶の中に入れて発酵させて作る飲み物で、この名前がつきました。

 

以前、日本で流行した時には、株があれば手軽に作る事が出来るという手軽さでも注目を集めました。

 

コンブチャは株なしでも作れる

現在、流行をしているコンブチャも、基本は同じ物なので、株があれば手軽に作る事が出来ますが、その株の入手が難しいと考える人もいるでしょう。

 

そんな時は、株なしで作る方法を覚えておく事がおすすめです。

 

株がない状態で作りたいと考えた場合に必要になってくるのが、市販のコンブチャです。
株なしでの紅茶キノコの作り方について

 

コンブチャの中にはキノコのような株は入っていません。ですから、そこから作る事は出来ないのではないかと考える人もいますが、そのコンブチャの中には株の欠片が入っている事があります。

 

株の欠片の菌は容器の底に沈んでいる事が多く、その菌を紅茶に入れて発酵させれば、紅茶キノコを作っていく事が出来ます。

 

必要となるのは、500mlのお湯で濃く煮出した紅茶、カップ1/3程度の砂糖、そして市販のコンブチャです。

 

紅茶は濃く煮出した後、砂糖をよく溶かして冷ましておきます。その紅茶は、煮沸消毒をした口の広めの瓶に入れます。

 

そこに、市販のコンブチャを混ぜていくのですが、この時、そこの方にある菌の欠片を入れるという事が重要になってきます。

 

そして、紅茶とコンブチャを混ぜたら、中の菌がしっかりと呼吸を出来るように、瓶の口の部分はペーパーナプキン等で覆い輪ゴムで止め、放置をしていきます。

 

すると、コンブチャの中に含まれていた菌が、紅茶の中の砂糖を餌にして発酵をしていく事になります。発酵が進むと、甘い紅茶は酸味のある味に変わり、炭酸も発生してく事になります。

 

味見をしながら、紅茶の風味がなくなってきたら、そこで完成となり、株を取り出し、出来た紅茶キノコは冷蔵庫で保管します。

 

取り出した株は、また濃く煮出した紅茶の中に入れて発酵させれば、何度でも紅茶キノコを作っていく事が出来ます。

 

株がセットになったスターターキットが楽

現在は、株がセットになったスターターキットも販売されており、比較的手頃に株を手に入れる事が出来るようになっています。

 

ですが、株なしから作ってみたいと考えるのであれば、こうした作り方を覚えておく事がおすすめです。最初にコンブチャ本体を購入する必要はありますが、上手く作る事が出来れば、その後は紅茶と砂糖のみで、何度も作っていく事が出来ます。

 

ですから、これからコンブチャを始めたいのであれば、紅茶キノコの基本的な作り方を覚えておく事がおすすめです。