紅茶きのこの正体とその効能について

紅茶きのこの正体とその効能について

紅茶きのこというと何を思い浮かべるでしょうか。紅茶ときのこって何だか不思議な組み合わせでどんなものか気になる方は多いのではないでしょうか。そこで紅茶きのこの正体とどんな効能があるのかご紹介するので参考にしてみてください。

 

別名「コンブチャ」と呼ばれているのですがその正体は昆布茶ではなく、紅茶か緑茶に砂糖を入れてそこに酢酸菌を投入して発酵させたものを紅茶きのこと呼んでいます。きのこの部分の名前の由来は、加える酢酸菌がゲル状で形がきのこのように見える事からその名が名づけられたのです。

 

歴史は意外と長く、日本では昭和40年代の終わり頃に流行っており、今ではアメリカでのブームをきっかけに数多くの商品が並んでいます。紅茶きのこの効能としては様々な成分が含まれている事から、身体に良い飲み物とされています。

 

デトックス効果やがん予防もあり

まずは酢酸ですが消化を助けたり、血流を良くして冷え性の改善をするなどお酢の力をご存知の方は多いと思います。ビタミンも同じく知っている方が多いように肌の調子を整えたり、疲れを取ったりという効能があります。デトックス効果もあるので健康的な身体作りをサポートしてくれます。
紅茶きのこの正体とその効能について

 

がん予防・新陳代謝・アルカリ体質の改善など他にも様々な効能が知られています。がん予防も入る事から免疫力の向上もあるとされてがんだけでなく、病気全体の予防としても親しまれる飲み物です。紅茶由来のポリフェノールには抗酸化作用の効果があるので、老化防止といった美容から生活習慣病といった健康面まで幅広くサポートしてくれます。

 

この他に紅茶きのこは何と言っても発酵食品という事が特徴的なのでその特徴を生かした効能もあります。発酵食品は通常だと食べ物が多く、お腹いっぱいで食べられなかったり、手間を取るので何かと敬遠されがちです。

 

しかし、これは飲み物で良い菌を取り入れられるので手軽で便利ですよね。今、身体のバランスを良くしようと「菌活」と言われる方法が流行っていますが、面倒くさがりな方や何かと忙しい方にはまさにぴったりの方法ですね。

 

発酵食品は身体に取り入れるだけで腸内環境を整えたりする事で美肌や健康に繋がっていくので、身体の基盤から組み立ててくれる大事な役割を担っているのです。注意点としては自宅でも作れる事はあるのですが、発酵の段階で失敗してただの腐敗になってしまい、身体を壊す原因となってしまう事があるので手作りする場合はその点は踏まえて作りましょう。

 

これだけの効能があると健康的な食事の一環としての意識も芽生えますし、若々しい身体を保つのには必要不可欠と言っても良いほどの栄養バランスの良い飲み物である事が分かります。身体の調子が悪い方から調子は良いけど予防として飲みたい方まで幅広く活躍する飲み物なので興味のある方はぜひ飲んでその効果を実感してほしいと思います。

 

飲みやすく、最近はハーブなどをブレンドしたアレンジを加えている商品まであるので1度見てみてはいかがでしょうか