紅茶キノコのレシピとアレンジ

紅茶キノコのレシピとアレンジ

海外セレブや日本の芸能界で続々と愛飲者が増えている「紅茶キノコ」。健康・美容に役立つ栄養素が豊富に含まれており、女性に大人気です。日本ではおよそ30年前に流行し、健康ブームを引き起こしました。

 

しかし、瓶の消毒が不十分であったり、保存の仕方が適切でない場合は、雑菌が繁殖し、カビが生えてしまうこともあったため、次第にブームは収束していきました。もちろん、瓶の煮沸消毒を徹底し、高温多湿、直射日光を避け、清潔な環境下で育成すれば健康・美容効果たっぷりの紅茶キノコが育ちます。

 

紅茶キノコの作り方

現在、再び注目されている紅茶キノコ。作り方をおさらいしてみましょう。

 

用意するものは、広めの口の瓶、紅茶、砂糖、紅茶キノコの株です。

 

まずは、瓶を煮沸消毒しておきましょう。沸騰したお湯に5分以上が理想的。

 

次は、紅茶を淹れましょう。無農薬の紅茶葉が望ましいです。砂糖は紅茶の6〜7%を目安に入れ、甘く濃いものを作ってください。砂糖は菌のエサになります。砂糖が多すぎるとアルコールが発生してしまいますので、分量は守りましょう。

 

紅茶はしっかりと冷ましてから、瓶に注ぎます。株もそこに加えて、かき混ぜます。瓶の口を布で覆い輪ゴムで留めます。これで仕込みは終了。

 

あとは適切な管理のもと、保存しましょう。夏場は1週間ほどで、冬は2週間ほどで白い膜が張ってきます。時折様子見を兼ねて味見をして、カビてないかチェックして下さい。味見のスプーンも消毒は忘れずに。

 

自分で育てたものは愛着も湧きますが、すでに完成している状態で販売されることも多く、自宅で育てなくても手軽に味わえるようになりました。

 

暑い夏は、氷たっぷりの冷水でのど越し爽やかに。寒い冬はお湯で割って、温かい紅茶感覚で飲むのが何よりオススメですが、人によっては苦手な風味に感じられるかと思います。

 

紅茶キノコのアレンジレシピを紹介

そこで、様々な味わいを楽しめるアレンジレシピを紹介します。

 

お好きなフルーツジュースと混ぜて、フルーツティー風にアレンジすると、紅茶キノコ独特の味わいが薄れ、ゴクゴク飲めます。これに、炭酸水、お好みで砂糖、キウイやパイン、リンゴ、ブドウなど果物を入れれば、フルーツポンチにも変身します。飾り切りを工夫すれば、お子様でも美味しく楽しめますよ。
紅茶キノコのレシピとアレンジ
画像元:http://www.hinodeseifun.com/

 

グリーンスムージーにプラスすれば、さらに健康・美容成分がアップします。フルーツを多めにしたり、牛乳を加えてまろやかにしたりすれば、より飲みやすくなります。

 

朝食のパンケーキ生地に加えても、ふっくら美味しく召し上がれますよ。

 

また、ドレッシングを作る際にも紅茶キノコを混ぜれば、サラダにピッタリな菌活ドレッシングが出来ます。生野菜のシンプルなサラダにも合いますが、海藻や温野菜にもピッタリなので、是非試してみて下さい。

 

他にも、ヨーグルトに加えてデザート感覚で食べたり、アイスクリームのトッピングとしてプラスしたりと、アレンジは自由自在。

 

お好きなアレンジを見つけ、毎日の菌活に取り入れてみて下さいね。