紅茶キノコは通販で購入した株菌から作ることが可能

紅茶キノコは通販で購入した株菌から作ることが可能

紅茶キノコを自家製で作って飲み続けたい人は、通販で株を買うことができます。健康のサポートのために毎日飲み続けたいのであれば、すでにドリンクになっているものを毎回購入するよりも、株から育てて発酵させ自分で作ったほうが安上がりで済みます。

 

大手通販会社などでスターターキットが売られていますが、紅茶キノコとしてではなく、海外で呼ばれているコンブチャという名前で売られているので、探すときに間違わないようにすると良いです。昆布とは無関係で、スターターキットにはスコビーと呼ばれる株と有機茶葉、さらに日本語の説明書もついています。

 

実際に培養をはじめるときには適度なサイズのガラス瓶と砂糖が必要です。ガラス瓶は口が広いタイプが作りやすく、熱湯消毒などを済ませてから使うと良いです。発酵させるときに空気以外が通り抜けしないように、キッチンペーパーかガーゼなどで口の部分を覆いゴムで縛っておく必要も出てきます。
     

 

気温の低い冬場は温度を高める必要があるので、電気カーペットなど温めることができる家電があるとその上に置いておくなどして発酵を続けさせることができます。ストーブあるいはエアコンなどで室温を一定に保てるのであれば、必要ありません。

 

出来たばかりの紅茶キノコは酸っぱい

発酵させてできたばかりの紅茶キノコは酸っぱみが強いですが、作っていくに連れてフルーティーな酸っぱさになっていきます。酸っぱいのが苦手な人は炭酸ジュースなどで割ったり、カクテルにして飲むことも可能になります。ドレッシング代わりにサラダにかけて食べる事もできます。

 

発酵させるときに暖かさが足りなかったり、糖分が不足してしまうと上手く育たずに腐敗してしまう事があります。カビなどを繁殖させてしまうので、失敗したら早期に廃棄して新しく株を買って作り直す必要があります。ガラス瓶の消毒が甘いと雑菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。

 

通販で取り扱われている紅茶キノコは色々あり、中には品質が悪い株を売っているところもあるので、よく検討してから購入すべきです。実際に購入した人の評価も参考にすると、失敗が少なくなります。環境を整えているのにあまり育たないときには品質が悪いことが考えられるので、新しく買い直したほうが時間の無駄にならなくて済みます。
紅茶キノコは通販で購入した株菌から作ることが可能

 

キノコの笠のような形状でどんどん成長してきていっぱいになったら、そこから別のガラス瓶を準備して株分けし、増やしていくこともできます。ある程度のサイズになったら分けたほうが、紅茶と糖分を栄養にして効率よく発酵してくれます。

 

スターターキットに入ってる茶葉を使い切っても、スーパーなどで売っている茶葉を購入してきて使うことができますが、味に変化が出るのが嫌であれば、通販を利用してメーカーの茶葉を購入することもできます。

 

紅茶キノコを飲み続けることで発酵してできた酵素のジュースが、抗酸化作用があったり、消化促進、血液を浄化するデトックス効果や免疫力アップなども期待できます。