進化した紅茶キノコが広く販売されています

進化した紅茶キノコが広く販売されています

紅茶キノコというものを、ご存知でしょうか?簡単に言うと、発酵させた紅茶のことです。名前からは「紅茶に生えるキノコ」をイメージして、キノコを食べるのがメインのように思いますが、キノコではなくて、液体の方を飲料として摂取します。

 

紅茶に糖分を加えて発酵させ、そこに菌株を加えて更に発酵させます。すると液体は微炭酸になり、表面には乳酸発酵でできた塊が盛り上がるようになります。この塊の色や見た目がどうもキノコに見えるということで、日本では「紅茶キノコ」と呼ばれるようになりました。

 

モンゴルが原産でロシアよく飲まれていたこの紅茶キノコは、日本に紹介されると、あっという間に一般家庭に浸透しました。昭和40年から昭和50年代にかけて一大ブームを引き起こし、健康食品の代表として一世を風靡したのです。

 

一度菌株を入手して培養してしまえば、あとはエサとなる紅茶と糖分を絶やさないように継ぎ足していれば、なくならずにずっと飲み続けることができたのも、人気が出た理由のひとつでしたが、何よりも、当時の日本人は、健康と美容への効果に引かれました。

 

紅茶キノコで便秘解消

紅茶キノコには、酵素やビタミン、酢酸や乳酸菌などの善玉菌が含まれていて、腸内環境の改善に役立つため、便秘解消と毒物排出の作用を高める効果があり、ニキビや吹き出物などの肌荒れの改善に役立ちます。

 

また、含まれているポリフェノールには、末梢血管を開いて血行を良くする作用があり、血流改善に効果があります。そのため、身体を温めて冷え症改善の効果の他、疲労回復や免疫機能の向上に効果があり、血流に乗って身体の末端まで栄養が行き届くことから、爪や髪の健康維持と美肌にも効果が期待できます。

 

また、紅茶キノコに多く含まれている酢酸には、インシュリン感受性の向上効果があり、糖尿病の症状改善や肥満防止に役立ちます。酢酸には他にもカルシウムなどのミネラル吸着作用と血管拡張作用があるため、骨粗鬆症予防や動脈硬化などの生活習慣病の予防にも効果があります。
進化した紅茶キノコが広く販売されています

 

進化したコンブチャが話題

このように健康と美容に良い様々な効果をもたらす紅茶キノコですが、昭和の終わりとともに人気は廃れてしまいました。そして近年、健康と美容に意識が高い欧米で「kombucha」(コンブチャ又はコンブッカと発音される)という新しい名前に進化して、人気が出てきているのです。

 

海外で話題のコンブチャはこちら

 

原料も紅茶だけでなく緑茶やルイボスティーを使うなどアレンジがなされていて、更に飲みやすく、ハーブやフルーツのフレーバーを加えた缶やビン入りの飲料が、多数販売されています。乾燥させて粉末にしたパウダータイプも、保存しやすく食事へのアレンジがしやすいため、とても人気があります。

 

また、オリジナルの味を楽しみたい方に、菌株や培養キットも販売されています。大手ネットショップをはじめ、たくさんのサイトで、海外生産から純国産のものまで、幅広く販売されていますので、ご興味を持った方は、ぜひ試してみてください。