紅茶キノコやナタデココをつくる酢酸菌と効果

紅茶キノコやナタデココをつくる酢酸菌と効果

腸内細菌のバランスを整えることが健康維持に役立つと広く知れ渡ってからは、菌活という言葉が生まれるほど、善玉菌を増やすためにいろんな食品が食べられるようになり、発酵食品や酵素も注目されるようになりました。紅茶キノコは海外のセレブの間でも流行ったことから日本でも脚光を浴びるようになり、家庭で作る人も増えています。

 

昔日本でもブームになったことがありましたが、次第に作る人が減ってきて、逆輸入という形で流行っています。紅茶キノコを作るときに用いられる酢酸菌は、日本でも古くから使われてきていて、お酒の主成分であるアルコールの一つであるエタノールを酸化して酢酸を作り出す微生物であり、お酢を作る際に使われています。

 

紅茶キノコといわれていますが、実際にキノコが生えてくるわけではなく、酢酸菌と酵母、糖分を入れてつくられ、発酵してできる菌株の繊維がキノコのようにも見えるためで、実際に体内に取り入れるのは、菌株を食べるのではなく発酵して得られた液体の方ですが、増えすぎた場合には食べる人も増えています。

 

紅茶キノコの効能は?

紅茶キノコの効果として期待ができるのはデトックスやアンチエイジング、抗酸化作用、そして便秘の改善などがあります。健康のサポートに優れていますが、自宅で作る場合には管理をしっかりと行わないと雑菌が繁殖して不衛生になってしまうことがあるので、面倒な場合には海外でコンブチャとして売られている製品を購入すると美味しく続けていくことができます。

 

海外で話題のコンブチャはこちら

 

株菌が市販されていて、それを購入すれば気軽に作れますが、糖分を多く入れすぎてしまうと発酵しにくくなって株が生えやすい環境になってしまいます。紅茶が熱いところに入れてしまうと菌が死滅してしまうので、ぬるくなってから入れるようにします。

 

発酵させる間は酸素が必要ですから、蓋を閉めて密閉するのではなく、ガーゼなどの清潔な布かキッチンペーパーなどでゴミが入らないように被せて、輪ゴムなどで止めて作ります。

 

ナタデココも腸内環境を整えてくれる

日本で親しまれている食品に酢酸菌でつくられているものが他にもあって、ナタデココもココナッツジュースにナタ菌と呼ばれる酢酸菌を入れてつくられていて、ジュースが凝固してきて独特の歯ごたえを生み出しています。
紅茶キノコやナタデココをつくる酢酸菌と効果
画像元:http://matome.naver.jp/odai/

 

デザートとして売られているナタデココは加熱されているため菌が生きていませんが、ココナッツに食物繊維が多いことと、酢酸菌によって発酵した事により凝固した部分は体内で有効的に働き、便かさをまして排便につながり腸内環境を整えてくれる他、歯ごたえのある食感があるため、よく噛むことで満腹中枢を刺激してくれるので食欲を抑えたいときに食べると効果が期待できます。

 

紅茶キノコとナタデココを合わせてデザートを作り食べるようにすれば、どちらのいいところも得ることができて、健康のサポートにもなります。子供たちもデザートになっていれば取り入れやすく、家族みんなで取り組むことも可能です。紅茶キノコ自体に砂糖を使って作るため、デザートに利用するときにはあまり糖分を加えずに作ることがポイントです。