進化してこんぶちゃになった紅茶キノコが再びブームに

進化してこんぶちゃになった紅茶キノコが再びブームに

紅茶キノコというものをご存知でしょうか?簡単に言えば、発酵させた紅茶です。紅茶に糖分を加えて発酵させ、更に菌株を足して発酵を進ませると、表面に乳酸発酵でできた膜が盛り上がり、個体の塊ができます。

 

塊の色と形がまるでキノコのように見える事から、日本ではこの発酵させた紅茶を「紅茶キノコ」と呼ぶようになりました。名前にキノコがつくと言っても、キノコを食べるのではありません。飲むのは、液体の方だけです。モンゴルで生まれ、長くロシアで愛飲されてきたこのお茶が、1970年代に日本に紹介されると、あっという間に日本中に広まりました。

 

健康に良いことと、家庭で手軽に作ることができる上に、紅茶を糖分を継ぎ足していれば、なくならずにずっと飲み続けることができることから人気が出て、一世を風靡するほどの一大ブームを巻き起こしました。一説には、これが日本初の健康食品ブームとも言われています。

 

紅茶キノコのブームはいつした終わってしまいましたが、最近、「kombucha」という新しい製品に進化して、再びブームになりつつあります。kombuchaは、「こんぶちゃ」や「こんぶっか」と発音されていて、海外セレブが愛飲している事でも、大きな話題になりました。
進化してこんぶちゃになった紅茶キノコが再びブームに

 

紅茶以外にも、ルイボスティーや緑茶が原料に使われています。ハーブやフルーツのエキスを加えて飲みやすい味になり、缶やビン、ペットボトル入りなどの飲料の他に、自宅で栽培するキットや、乾燥させて粉末にしたパウダーのものなど、様々な商品が販売されています。

 

紅茶キノコで便秘を改善

紅茶キノコ又はkombuchaは、発酵したお茶なので、酢酸や乳酸菌の他に、たくさんの善玉菌や酵素、ポリフェノール、ビタミン類などの栄養素を豊富に含んでいます。飲むと腸内の環境を善玉菌優位の良い環境に整えることができ、お腹の調子を整えて、便秘を改善する効果があります。

 

また、酢酸とポリフェノールの働きで、末端の血管を開く作用があり、血流の改善や高血圧の抑制、コレステロールの排出に効果があります。免疫機能のアップとデトックスにも効果があり、肌荒れを防ぐ他、アレルギー症状の改善にも効果があります。末端まで栄養素が行き届くことから、爪や髪を健康に保つ効果も期待できます。

 

飲み続けることで、このような健康と美容に良い影響をもたらす紅茶キノコ又はkombuchaは、微炭酸でフルーティーな香りがあり、口当たりが良くて飲みやすいと人気があります。

 

そのまま飲む以外にも、ヨーグルトやアイスクリームにかけたり、サラダのドレッシングに混ぜたり、パウダーを料理に振りかけたりして、様々なメニューに利用して楽しむことができます。

 

欧米には紅茶キノコのフードコーディネーターがいたり、レシピサイトがあったりするほど認知度が上がっています。欧米の製品の他に、国産のものや栽培キットも、今では大手ネットショップをはじめ様々なサイトで販売されていますので、興味を持たれた方は、ぜひ一度試してみてくださいね。