紅茶キノコの知られざる効能とは?

紅茶キノコの知られざる効能とは?

最近、良く耳にするようになった紅茶キノコですが、実は、日本では昭和40年代末から50年代初頭にかけて大ブームになった健康飲料なのです。それが、また現代に復活しているというのは、不思議な話ですが、実は、生活習慣やストレス社会で生きる現代人にとって、大変メリットのある食品なのです。

 

そんな紅茶キノコの知られざる効能について、詳しくご紹介していきたいと思います。もともとは、モンゴルなどで飲まれていた発酵飲料のことで、紅茶や緑茶に大量の砂糖と加え、そこにゲル状の菌(酵母)を入れて発酵させたものが原型です。

 

酵母は、砂糖を栄養にして、どんどん育ち、およそ1週間程度で、発酵は完了します。シュワシュワとした口当たりで、ジュースのように飲みやすい為、子供から大人まで幅広い年齢層の方におすすめと言えるでしょう。

 

紅茶キノコは善玉菌がたくさん

キノコという名前がついているのは、株がキノコのように育っていくためにこう名付けられただけで、キノコが入っている訳ではありません。一見、砂糖が沢山入った炭酸飲料のようにも感じますが、紅茶や緑茶、ウーロン茶、ルイボス茶などを主体としている為、善玉菌が沢山入っているというメリットがあります。

 

元となる菌は、酢酸菌と酵母菌で、酢酸菌からは、皆さんもご存じのカスピ海ヨーグルトやリンゴ酢、ワインビネガーなどがつくられます。その為、紅茶キノコは、お酢やヨーグルトを摂取したときと同じような効果があると言われています。

 

酢酸は、ドロドロ血液の原因である血小板の擬集を効果的に抑えながら、血管を膨張する作用があります。そのため、継続して摂取することで、血液がサラサラになり、高血圧の予防にも効果的です。また血中コレステロールを下げる為、成人病や、肥満症などに悩む人には最適だと言えるでしょう。
紅茶キノコの知られざる効能とは?

 

紅茶キノコは冷え性にも効果的

血液が浄化されることによって、免疫力アップ、がん予防、老化防止、冷え性の改善にも繋がります。かつて日本でブームになったきっかけは、がんや高血圧の発症率が圧倒的に低い旧ソ連のバイカル湖付近に住む人達が紅茶キノコを常用していたということだそうです。

 

また、毎日飲み続けることで、腸内の有害な細菌を減らし腸内環境を整えてくれる為、便秘が解消され、その結果、お肌の調子が良くなったという女性も多いようです。

 

デトックス効果、疲労回復、消化促進などにも効果があり、まさに万能飲料と言わざるをえないでしょう。この紅茶キノコの飲み方ですが、炭酸割りにしたり、カットフルーツにかけたり、また、スムージーやヨーグルトなどに混ぜたりして飲んでみましょう。熱には弱いので、加熱しないようにして下さい。

 

回数や量については、特にきまりはありませんが、1日1杯を目安に続けてみることをおすすめします。もし、長期間続けたい場合は、市販の紅茶キノコを買い、自分で株を作り増やしていくとよいでしょう。酵母(マザー)が手に入れば、自宅でも簡単に発酵させることができます。継続して、健康と美しさを手に入れましょう。