紅茶きのこを飲んで、便通が改善しました。

紅茶きのこを飲んで、便通が改善しました。

長い間私を苦しめていたのは便秘で、ひどい時になると、5日に1度便通があれば良い方で、お腹は張って苦しくなるし痛みまで出てくるし、本当に大変な思いをしていました。便通に良いと見たこと聞いたことは、いろいろ試してきたつもりです。

 

薬は最終手段としてできるだけ頼りたくないと思っていたので、腸の調子を整える体操やヨーグルト、サプリメントなどに手を出してみましたが、残念ながら大きな改善に至ることはありませんでした。ネットで便秘のことを調べていたある日、偶然目にしたのがコンブチャという言葉でした。

 

つい昆布茶を想像してしまいますが、昆布茶とコンブチャは全くの別物で、コンブチャとは紅茶きのこのことです。若い人は何のことかわからない人も多いかもしれませんが、紅茶きのこは1970年代から80年代にかけて大流行した健康食品です。

 

紅茶の中で発酵させたゲル状の塊がまるできのこのように見えることから名付けられたもので、実際にはきのこではありません。きのこのような塊の部分は食べずに、そのエキスがしみ出した紅茶を飲むことで健康になれると注目を集めていました。

 

紅茶きのこは海外セレブの間で話題

現在紅茶きのこは、海外セレブの間でコンブチャと呼ばれ、再びブームを巻き起こしています。その理由は、ダイエット効果があるということです。さらに便秘にも効くそうで、このことを知った私は、紅茶きのこを試してみようと思いました。自分で作ることもできるようですが、やはり手間がかかるので、市販されているコンブチャを購入しました。
KOMBUCHA(コンブチャ)

 

実際に飲んでみると、原液をそのまま飲むとやはり飲みにくかったので、私は炭酸水で割って飲むようにしています。炭酸水がない時は、野菜ジュースで割ることもあります。どちらでも、とてもおいしく飲むことができます。
紅茶きのこを飲んで、便通が改善しました。

 

飲み始めて便通が改善!

飲み始めてから1週間ほどで、朝になると自然に便通がやって来るようになりました。私にとってこれは大事件で、とても驚かされました。無理のない便通が、これほど気分の良いものだとは知りませんでした。

 

そして、ウエストのサイズダウンに成功していることも嬉しかったです。体重そのものは大きく減ることはありませんでしたが、明らかにウエストのくびれが出てきました。今まできつくてはくことができなかったジーパンを試しにはいてみたら、するっとはけたことにびっくりしました。

 

下腹部もへこみ、便秘が解消されたことと関係があると思っています。また便通が良くなったおかげか、肌もきれいになってきたようです。時々できる吹き出物に悩まされていましたが、今ではほとんどできなくなりました。肌も心なしか白くなったようで、久しぶりに会った友人からは何か特別なケアをしているのかと質問されました。肌がきれいとストレートにほめられて、とても気分が良かったです。

 

さらにもう1つ実感しているのは、疲れにくくなったことです。以前は翌朝に前日の疲れを引きずっていると感じることが多かったのですが、コンブチャを飲み始めてからすっきりと目覚めることができるようになりました。集中力も上がったような気がして、仕事に前向きに取り組めるようになっています。

 

 

紅茶きのこが海外でコンブチャと名前を変えて、再度話題にのぼっている理由は、やはり確実な効果があることだと思います。便秘に悩んでいる人は多いので、便通の改善に効くというのなら一度は試してみたくなるものです。今まで様々な改善方法を試してきた私ですが、紅茶きのこほど効果を実感できた方法は初めてです。

 

正直なところ、もっと早く試してみれば良かったと残念にさえ思っています。今の私にとって健康と美容に欠かせないものとなり、今後も継続して飲み続けるつもりです。